« 2011年2月 | トップページ | 2011年9月 »

ワックス用カーヴィングナイフ


木に象嵌する金属パーツのワックス彫刻は意匠が小さいので、刃が米粒の半分くらいの大きさのもので彫るんですけど、これだけ小さいと刃先の重さが指先に伝わらないのでコントロールが難しいんです。ワックスは柔らかく表現が極細かいので、硬いものを彫るのと違って常に刃先の重みを指先で感じていられないとなりません。

それで刃の部分を比重の重い金(きん)か何かで作ろうかなぁ、と思ってたらタングステンが重いよ、つってタングステンの棒をいただいたので、それで彫刻刀を作りやした。比重は金とほぼ同じだが、金と違って非常に硬いです。これは良い。

Dsc00266

Dsc00268

柄を木で作ったら比重の差がだいぶあるので、重みが指先に伝わります。なかなかよろしゅうございます。すごく硬いので、これで木部の細部用の彫刻刀も作れそう。

Dsc00269

柄がイビツなのは手指にフィットするように削ったため。中指と親指の先端で刃先の重さをコントロールしやすいようにした。





       にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ←ポッチリ押してくれるととても喜びます。

| | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年9月 »