« レトロフューチャー | トップページ | リアルスカル »

歴史に照らし合わせてみる


「歴史の最も重大な教訓は、人類が歴史の教訓を学ばないと言う事である。(ウィンストン・チャーチル)」


日本における工業化(産業革命)は明治に起こりました。工業化によって手工芸は駆逐され、工芸は廃りました。工芸衰退の要因としては、もう一つ、西洋芸術概念を日本が導入したこともあるでしょう。生産力で工業と競争できなかっただけではなく、芸事についての価値観の西洋化が進んだために、江戸期からの日本の芸事のあり方は”古いもの”という感覚になったわけです。競争力のなさと、価値観の変化という、ダブルパンチで手工芸は衰退に向かったわけですよね。

しかしそれでも今日までその火を消すまいと活動してきた人たちがいたので、今も金工、刀工、陶芸、漆芸などの伝統工芸や、能楽、歌舞伎、文楽、伎楽などの伝統芸能を見たり学んだりすることができてます。日本では経緯や背景のまったく違う、西洋芸術と地元芸能が共存してきましたが、それは自然にそうなったのではなく、それについて努力してきた人たちがいたことによって、今もそういう状況が存続しているのです。

今日ここで書きたいのは、IT革命は産業革命と同じような大きな変革で、今僕らは明治期の工芸家たちとよく似た状況にあると観ることができることです。こういうことは大体、後々になって分かることであって、現時点でそれを意識している人はあまりいないと思います。でもそこを意識することによって、自分がどういった方向を選択しうるか?ということを、ある程度、見定めることができると思うんです。

例えばここ数年、装身具など立体造形物を作っている人の間で話題に上がるもので、3D造形ソフトがあります。画面上で3Dデータを造れば、それをどのような大きさにでも立体化できます。知られた装身具のメーカーはすでにそういった手段で商品を作っていますし、僕らのような個人作家はあとは3Dプリンターの価格がどんどん下がっていくのを待つだけです。去年だか一昨年くらいから、もう高性能かつ無料のソフトが出回っていますが、これはけっこう衝撃的でした。

ここで上記の歴史を思い出してほしいんです。それは伝統的手法を取るか、工業化を取るか、という二つの選択が明治期の人たちにあったから、今日でも伝統工芸が存続しているということです。ある刀装具出身の彫金家が日本のジュエリー黎明期に取った方向は、主に工業化(量産化)に順ずる方向でした。

しかし刀装具の出身ならば、銅器や漆器を作っていた人たちのように伝統的手法を固守する方向もなかったとは言えないと思います。それは人それぞれであり、またその人の置かれている状況やその分野によりけりだと思いますが、最終的には本人の意思の問題なんではないでしょうか。

問題は、高性能の無料3Dソフトのようなものが出てきた時に、僕たちが「手工芸的ありかたを捨ててITに乗るしかもう他に手がないのでは」と思って慌ててしまうことです。手工芸のままで行くか、手工芸を捨ててITに乗るか、そこには依然として選択肢はあります。

歴史に照らし合わせれば、それはけっきょくのところ、自分自身はどのように生きて行きたいか?という意思の問題であり、また将来を自分自身がどう作るか?という気概の問題であると思います。

インターネットによってモノの売り方に工夫や創造の余地が大きくなり、またメジャー、マイナー、インディーズ、大規模、小規模といった区別に意味がなくなってしまった以上は、自分が売りたい商材の製造方法にはどの方向にも選択肢があると考えるべきだと、僕自身は思っています。

社会情勢の波にもまれて、大きなポテンシャルを持っているのにそれを発揮できないで悩んでいる人はいっぱいいるんではないかと思います。自分もモノ作りを仕事にしようとやりはじめたはいいが、長い間モンモンとしてきました。ここ数年、そういう人が他にもいるということを知りました。そしてみんな自分だけがおかしいのか?と悩んできたのです。

情勢をうかがってしまうがために自分の力が使えないでいるよりも、たとえ10年後、20年後に「あいつらは古い」と言われようが、自分の能力をうまく発揮しながらモノを作って生きていく方が、ずっと面白いんではないでしょうか。





       にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ←ポチッとしてくれるととても喜びます。

|

« レトロフューチャー | トップページ | リアルスカル »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1446093/38408843

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史に照らし合わせてみる:

« レトロフューチャー | トップページ | リアルスカル »